M&Aって何のこと?M&Aの意味とメリットについて

M&Aってどんなもの?

M&Aとは、Mergers and Acquisitionsの略で、日本語に訳すと合併と買収です。複数の企業を一つの企業に統合したり、企業の株式や事業を買い取ったりすることをM&Aといいます。

M&Aのメリットとは

M&Aを行うと譲渡企業と譲受け企業の両方にそれぞれメリットがあります。

譲渡企業には、事業承継問題の解決や企業の存続・発展と社員の成長、創業者利潤の確保と個人保証解除などのメリットがあります。中小企業は後継者不在が多く、後継者不在のまま廃業してしまうと商圏や技術、ノウハウが台無しになり従業員や取引先に深刻な影響を与えてしまいます。自分の息子や娘に強引に継がせてしまうと事業が失敗する恐れがあるので、後継者不在の場合はM&Aをするのが最適です。

M&Aを行うと経営資源が豊富な企業のグループに加わることになるので、販路の拡大や円滑な資金調達などが期待できます。他にも研修制度が充実したり、事業拡大の現場を体験したりできるので、社員にとっても成長できる機会が増加します。

M&Aは資産評価で有利な点や分離課税で税率も抑えられるので、創業者の利潤を確保することができます。またM&Aなら会社の借入金の個人保証を解除することが可能です。

譲受け企業には、必要な経営資源を時間をかけずに取得して事業を始めることができるというメリットがあります。M&Aをすることによって必要な顧客や販売拠点、人材やノウハウなどを少ないリスクで取得できます。

M&Aとは、「merger and acquisition」の略称であり、企業の買収や合併を行うことを指します。株式を取得するなど、さまざまな方法があります。