どうすれば成功する?アウトソーシング営業の初歩

アウトソーシング営業って何?

アウトソーシング営業は営業代行と呼ばれることもあり、他社から営業活動の委託を受けるサービスです。営業といっても訪問販売やテレマーケティングなど様々ですが、原則的に商談を通じて契約を取ることを目的としています。いずれの場合でも、業務委託契約という形を取ります。そのため営業代行会社は、成果を出さなければなりません。例えばテレマーケティングでは、顧客になりそうなターゲットの家に電話をして商品やサービスの提案をします。しかし何千件電話をしても、契約という成果が得られなければ、仕事をしたことになりません。ただし受託した内容によっては、訪問日時のアポイントが成果として認められるケースもあります。その場合、委託を行った会社の営業が、実際にその家庭を訪問して契約に結び付けます。

派遣営業と何が違うの?

営業代行と似ている契約形態に、派遣営業があります。業務そのものは似ていますが、派遣営業の場合は、仕事の命令権や指導権が委託元の会社側にあります。一方、営業代行では命令権ごと委託されるため、成果達成に向けてのやり方を自由に決められます。例えば電話営業なら、電話をする顧客リストや電話で話す内容についてのマニュアルも全て、代行会社の裁量で決定します。つまりマネジメントも行うのが代行会社です。従ってアウトソーシング営業サービスでは、派遣元の管理職の指示を受ける必要が全くなく、代行会社独自の営業ノウハウを自在に活用できるのが強みです。

営業代行を利用することで多くの会社は確実に人件費を抑制出来ます。ただし業者により代行できる分野は異なるため、利用の際はミスマッチに気をつけましょう。