そもそも適性検査って!?どのような内容なの??

適性検査とはどういうものなのか

適性検査とは主に就職活動の中で企業によって行われるもので、求めている人材であるかどうか見極めるという目的で実施されます。学歴や肩書きだけでは性格まで図ることが出来ないため、その人の持っている能力をより詳しく知るためにも、年々重視されるようになってきています。では、適性検査の内容はどのようなのでしょうか。

適性検査の内容について

適性検査は大きく分けると「能力検査」「性格検査」の2つになります。能力検査では、主に知識を問われるテストを行います。単なる知識だけでなく、発想力や倫理的思考なども必要になります。また、能力検査の中でも「言語分野」と「非言語分野」に分かれ、どちらも幅広い範囲から出題されるので前もっての対策が必要となります。次に性格検査では約200の質問によって性格の傾向を細かく分析します。「我慢強いほうですか?」「人と協力して何か成し遂げることが好きですか?」などの質問が用意され、その回答によって企業が合うか合わないかを判断する参考になります。

適性検査の対策や答え方について

適性検査をあくまで「参考程度」と謳っていても何の対策もしていなければ悪い結果を導くこともあります。企業が求めている人物像をあらかじめ知っておくことで自分の考え方を変えることもできます。自分を偽りすぎるのは良くないですが、対策をして挑むことも就職活動において大切なことです。企業にプラスのイメージを与えられるように自分をアピールするためにも、事前のリサーチとある程度答えを準備しておくことが、対策として必要なことになります。

適性検査とは、その職業に適性か不適性かを判断するための検査で、数問の質問に答えるものから何十問もの質問に答えるものまで、様々です。企業側だけでなく、求職者側の自己分析にも使うことが出来ます。