ホームページのSEOで大切な「たった1つの事」とは?

ホームページのSEOは、新しい時代に突入!

SEOは「Search Engine Optimization」の略称であり、検索サイトにおいてホームページを上位表示させる手法を意味しています。
自分、あるいは自社が作ったホームページをたくさんの人達に見てもらうためには、特定のキーワードで検索された時に上位表示されなければなりません。このため数多くの企業や個人が、SEO対策に力を入れています。

昔はSEOと言えば「被リンク対策」が重要視されていました。これは「他のサイトからどのくらいのリンクが張られているか」に注力する対策だったのですが、近年はこの状況が変わりつつあります。どれだけ被リンク数が多いサイトを立ち上げたとしても、それだけでは上位表示されにくくなってきているのです。

大切なのは、ユーザーにとって役立つ情報を掲載する事

検索サイトの最大手であるGoogleは、”ユーザーが求めるものを私たちも求めている”といった類の発言をしています。
これは検索サイトを使うユーザーが欲しい情報を、適切に上位表示させるという意味だと考えられます。
つまり、いくら被リンクが豊富であっても、中身が伴っていなければ意味がないのです。そこにユーザーが欲しい情報が揃っているか、ユーザーの疑問点を解決できているかが、非常に重要です。

したがって、Googleはユーザーの検索ワードに対して、最も優れた答えや提案を行っているホームページを、上位表示させているという見方ができます。被リンクよりも、ホームページのコンテンツを大切に作っていくことが、今のSEOにとって大切なんですね。

SEOは今、新しい時代に突入し始めています。ユーザーにとって役立つホームページ作りに、日々努めていきたいものです。

ホームページ作成とSEOの関係はとても重要です。たとえば、作成したホームページをターゲットに見てもらいたい、あるいは多くの人の目に触れるようにしたい場合はSEO対策が必要になってきます。