社員教育は入社前から始まる!内定者フォローって何?

内定者フォローの身の目的とは?

内定者フォローとは、企業の新卒採用者として内定を出した学生が確実に入社してもらうための活動を指しています。現在内定から入社までの間に取りこぼしなく入社してもらうことは、総務の仕事として非常に重要となっているのです。この内定者フォローをする最大の目的とは、学生を他社に流さず辞退者を出さないだけだけでなく学生と企業間とのミスマッチを防ぐことにあります。たとえ内定者が全員無事に入社したとしても企業への理解が浅いままでは仕事に対してのモチベーションを維持することは難しく、新入社員の早期離職にも繋がりかねません。企業は内定者に対して相談会・社会人になるにあたっての入社前教育・内定者同士の会合などを催していきます。こうしたフォローによって企業と内定者の間の考え方の違いやミスマッチを埋めていくのです。ただしこうした努力をしてもなお、辞退につながる要因は以前より増えていると言われていますが、その理由はなんだと思われますか?。

チャンス?はお互いに!

近年新卒採用は長期化する傾向があり春頃に早期内々定を出す企業も多くありますが、それによって学生は実際の入社までにはおよそ1年間という時間が与えられます。そして内定期間が長ければ長いほど、内定者にとっては迷いや不安が出てく可能性が高くなってくるのです。

また企業側でも春採用での人材確保にあきたらず、引き続き夏以降も採用を行うケースが増えています。実はこの企業側にとって一見都合が良く感じられる採用活動が、逆に内定者である学生にとっては受け皿が増えてしまうことを意味しているのです。

またそういったネットを通じて採用に関する情報が、学生にも容易に手に入ることも忘れてはいけません。

通常、社員教育は先輩、上司から受けることが多いですが、実際には後輩から受ける場合もあります。理由は、後輩から教わることで後輩の修練度、先輩側の業務意識を高める効果があるからとされています。